世界各国で活躍中のマリンバ奏者たちによる、今回限りの夢の共演!

おしらせ 公演内容 出演 チケット購入 チラシ

お知らせ

  • 公演情報を公開しました!(2022年6月19日更新)
  • プログラム情報を追加しました!(2022年8月9日更新)

公演内容

世界で活躍しているマリンバ界のスーパースターたちが、長久手市文化の家に勢ぞろい!今回来日する4人の奏者は、オリジナル作品を作曲しながら、数々のマリンバ奏者も育ててきたカリスマたち。マリンバと相性抜群の森のホールで繰り広げられる、新しいコラボレーションをお見逃しなく!


内容 メインコンサートの前夜祭!バリの民族楽器ジェゴグも登場して、マリンバとともに大迫力の演奏をお届けします!
開催日 2022年8月26日(金)
開催時間 19:00開演(18:30開場) 18:00開演(17:30開場)
会場 長久手市文化の家 森のホール
主催 長久手市、日本マリンバ協会愛知支部、中部打楽器協会
協力 名古屋音楽大学、マリンバフェスティバアソシエーション(ドイツ)

プログラム

8月26日(金)MARIMBA NIGHT、8月27日(土)フェスティバルメインコンサートのプログラムは下記のPDFファイルのとおりです。

プログラム一覧はこちら

チラシデータ

チラシデータ(おもて)

チラシデータ(うら)

 


出演

Ricardo Gallardo リカルド・ガヤルド - メキシコ

世界で最も熱い打楽器奏者として、メキシコ、アメリカ、ヨーロッパ、日本で精力的に演奏活動を行っている。1993年、4人の傑出したメキシコ人打楽器奏者によるタンブッコパーカッションアンサンブルを結成。数々の公園とレコーディングをっ都市、世界屈指の打楽器アンサンブルとしての高い評価を確立している。最優秀クラシック・アルバム賞を含むグラミー賞への4回のノミネート。2015年9、10月に来日ツアーを行い、大成功を納めた。愛知・長久手公演では、スカルサクラのために、「カフェ・ジェゴグ」を作曲。タンブッコとともに世界初演。CD「Cafe Jegog」に収録され、2016年1月にマイスターミュージックよりリリース。レコード芸術誌の特薦盤に選ばれた。また、映画007「スペクター」にサウンドトラックだけではなく、映像でも参加している。名古屋音楽大学客員教授。

 

Conrado Moya コンラッド・モヤ - スペイン

卓越した技術力と表現力、そしてステージで魅せる情熱的な演奏で、今最も注目されているマリンバ奏者の一人。ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学で学んだあと、様々な国際コンクールで優勝している。マリンバ・デュオにとって最も困難な楽曲の一つである、J.S.バッハの「ゴルトベルク変奏曲」をカタジーナ・ミチカとともに収録したCD「Marimba Synergy」をMos Recordsからリリース。マリンバの可能性の開拓にも熱心に取り組み、世界各国の作曲家とともにマリンバのための新しい楽曲を制作している。また、教育的活動も積極的に行っており、世界各国でマスタークラスの講師として招かれているほか、国際コンクールの審査員としても活躍している。アメリカMarimba Oneアーティストで、Conrado Moyaモデルのマレットが発売されている。

 

Katarzyna Mycka カタジーナ・ミチカ - ドイツ

カタジーナ・ミチカは、国際的に名高いマリンバのヴィルトゥオーゾであり、室内楽プレイヤーである。評論家は彼女のことを、「マレットと踊る奏者」、「比類なき流麗さ」、「完璧なマレット捌き」、「驚くべき精密さ」と評している。そのマレット捌きから生み出されるマリンバの演奏に、専門家たちは「この上なく豊かな温室であり、音楽的な引き出しの多さ彼女の魅力である」と述べている。芸術的で優雅であり、ダンスのようなエネルギーを持つ彼女の演奏は、聴衆も心を奪われるほどのものである。1972年に生まれた彼女はピアノとドラムの手ほどきを受けた後、グスタニク、シュトゥットガルト、ザルツブルクの各音楽院で研鑽を積む中で、「音楽表現の理想的な手段」としてマリンバを見い出した。2018年の冬季にはグスタニクの聖モニューシュコ音楽院で教授としての地位を得た。アメリカMarimba OneアーティストでKatarzyna Myckaモデルのマレットが発売されている。

 

Svet Stoyanov スヴェット・ストヤノフ - アメリカ

現在のパーカッション界をけん引する存在として、ニューヨーク・タイムズ紙においても賞賛されたマリンバ奏者。数多くのレーベルからCDをリリースしており、「Percussive Counterpoint」や「Textures and Threads」はその芸術的完成度の高さと独創性で国際的に評価されている。現代音楽の熱心な擁護者であり、最近ではグラミー賞を受賞した作曲家メイソン・ベイツに委嘱し、打楽器協奏曲「サイドマン」を演奏。アメリカ各地で演奏されたほか、近々CDとしてもリリースされる予定である。多彩な演奏活動の傍ら、マイアミ大学フロスト音楽院んお打楽器学部長を務め、最もユニークで革新的な現代打楽器プログラムを模索している。世界各国で数多くのリサイタルを行いながら、マスタークラスも開催している。

 

 

Maki Takafuji 髙藤 摩紀 - 日本

名古屋音楽大学卒業後、英国王立音楽院大学院演奏家コースに留学。Diproma of Meritを取得し修了。Steve Reichに“Nagoya Marimbas”を委嘱、世界初演。“Mallet Quartett”を日本初演。リサイタルを東京、名古屋、京都で、またオーケストラとコンチェルトを多く協演。Hector Infanzonのヴィブラフォン協奏曲を日本初演。Google主催YouTube Symphony Orchestraオーディションで合格、カーネギーホールでのコンサートに出演。ドイツニュルンベルグ、フライブルグにて招待され演奏。第2回ドイツ国際マリンバコンクール審査員。英国王立音楽院にてマリンバのマスタークラスを行う。バリ島の民族音楽ガムランをスカルサクラとして国内外で演奏活動をしている。現在、名古屋音楽大学准教授、ガムラングループ スカルサクラ代表、日本マリンバ協会特別会員、ドイツマリンバ協会会員。アメリカMarimba Oneアーティスト、スペインElite Mallet社より髙藤摩紀モデルのマレットが発売されている。2019年英国王立音が浮きんよりARAMの称号を受ける。


チケット情報

全席自由 未就学児入場不可
前売
当日 一般3,000円、学生1,500円

※前売で完売の場合は、当日券発売はありません。

発売日
窓口 インターネット 電話
フレンズ会員先行発売 7月2日(土)9:00 インターネット予約なし 7月3日(日)9:00
一般発売 7月9日(土)9:00 7月9日(土)10:00 7月10日(日)9:00
チケット取扱い
長久手市文化の家 インターネット予約はこちらから

※8月26日(金)「MARIMBA NIGHT」はインターネット予約はありません。電話または文化の家窓口でご購入ください。

電話で予約・購入

0561-61-2888 (受付時間:開館日の9:00~19:00)

関連企画 国際マリンバフェスティバル出演者によるマスタークラス

国際マリンバフェスティバルの出演者から世界最先端のレッスンを受けられるまたとないチャンス!

開催日時 2022年8月28日(日)14:00~
会場 長久手市文化の家 森のホール
申込み・問合せ 中部打楽器協会事務局

FAX:052-910-6701

MAIL:m-create@wmail.plala.or.jp

※マスタークラスは、聴講も可能です(有料)。詳しくは、中部打楽器協会までお問合せください。