東西聴きくらべ 落語の魅力再発見!

おしらせ 公演内容 出演 チケット購入 チラシ

 


お知らせ

  • 公演情報を公開しました!(2022年9月25日更新)

公演内容

同じ落語なのに、面白みも趣もこんなに違う江戸と上方。江戸落語を体現する二人の春風亭と、NHK新人落語大賞優勝の二人の上方噺家、計四名の人気落語家が長久手市に笑いを届けます。江戸の味わいと上方の風味、双方を贅沢にお楽しみ下さい。


開催日
開催時間 15:30開演(15:00開場)
会場 長久手市文化の家 風のホール
主催 落語ステージ・ワゴン
共催 長久手市

チラシデータ(おもて)

チラシデータ(うら)


出演

春風亭柳枝(しゅんぷうていりゅうし)

2006年 春風亭正朝に入門。落語協会会長の柳亭市馬師が「五本の指に入る」と言ったほどの名跡を、六十二年ぶりに嗣いで大きな話題になった。古典に正攻法で取り組む姿勢と伎倆は間違いなく「九代目」を名乗るに相応しい実力と言えよう。2015年 第二十六回北とぴあ若手落語家競演会 優勝。2016年 読売杯争奪激突!二ツ目バトル 優勝。

 

春風亭朝枝(しゅんぷうていちょうし)

2015年 春風亭一朝に入門。前座の頃は「スーパー前座」と呼ばれ、登場人物を演じる繊細な表現力は素晴らしく、二つ目昇進からまだ二年あまりだが、早くも「江戸前の落語を体現する噺家」と落語ファンからも高い評価を得ている。

 

桂華紋(かつらかもん)

2010年 桂文華に入門。大学では落語研究会に所属。卒業後はまっとうに会社勤めをしようといったんは決心するも、生の落語の楽しさが忘れられず、内定を辞退して噺家の道へ。2019年、入門十年を待たず「NHK新人落語大賞」を受賞。自然な語り口で聴く人を噺の世界に連れて行く、実力はの若手として期待を集めている。

 

桂二葉(かつらによう)

2011年 桂米二に入門。旧き良き大阪ことばが息づく古典落語を守り演じながらも、上方に暮らす愛嬌あふれる人々、たくましく生き抜く人々を現代の新たな感覚で活きいきと描く。入門以来、「女性が古典落語を演じることは難しい」と言われてきた定説を覆そうともがき、2021年「NHK新人落語大賞」で女性初の大賞を受賞。約三百年続く古典芸能である落語の世界に変革をもたらすべく奮闘を続ける。

 

トークコーナー司会  桂弥太郎(かつらやたろう)

上方の噺家。2009年 桂吉弥に入門。

 


チケット情報

全席指定 未就学児入場不可
前売
当日 フレンズ会員・一般 3,500円
発売日
窓口 インターネット 電話
フレンズ会員先行発売 10月1日(土)9:00 インターネット予約なし 10月2日(日)10:00
一般発売 10月8日(土)9:00 10月8日(土)10:00 10月9日(日)10:00
チケット取扱い
長久手市文化の家 インターネット予約はこちらから

電話で予約・購入

0561-61-2888 (受付時間:開館日の9:00~19:00)