スティーヴ・ライヒが絶賛した打楽器アンサンブル

コリン・カリー・グループが長久手に登場!

おしらせ 公演内容 出演 チケット購入 チラシ

 

お知らせ

  • 公演情報を公開しました!(2022年12月11日更新)

公演内容

スティーヴ・ライヒは、音楽愛好家だけではなく、現代アートファンの多くがその名を知る、現代音楽、ミニマル・ミュージックを代表する作曲家です。そして、コリン・カリーは、スティーヴ・ライヒが最も信頼するパーカッショニストです。コリン氏が率いるコリン・カリー・グループの演奏をライヒ本人は「今まで聴いた中で最高」と絶賛しています。今、世界に数多く存在する現代音楽の中で最高峰の演奏をお届けします。


開催日
開催時間 19:00開演(18:30開場)
会場 長久手市文化の家 森のホール
主催 長久手市

チラシ

プログラム オール・ライヒ プログラム

Steve Reich:

Music for pieces of wood 木片のための音楽

Piano Phase ピアノ フェイズ

Mallet Quartet マレット・カルテット

Drumming Part 1 ドラミング・パート1

Sextet セクステット

※曲目は、都合により変更する場合があります。


出演

 

Colin Currie Group コリン・カリー グループ

スティーヴ・ライヒが

「今まで聴いた中で最高のアンサンブル」と絶賛し、

絶大な信頼を置く打楽器集団

Credit: Chris Gloag

コリン・カリー・グループは、スティーブ・ライヒの音楽を専門とするヴィルトゥオーゾ・アンサンブルである。彼らによるライヒの音楽は、「今まで聴いた中で最高」とライヒ本人から賞賛されている。コリン・カリーが率いるこの厳選されたアンサンブルは、2006年にスティーブ・ライヒの70歳の誕生日を祝うBBCプロムスでのドラミングの公演を機に結成された。その後10年間、コリン・カリー・グループは世界各地で『ドラミング』を演奏してきた。18人の音楽家のための音楽」「六重奏曲」「テヒリーム」「木片のための音楽」など、ライヒの最も有名な作品の多くにレパートリーを広げ、これらの作品のリハーサルと演奏に作曲者が頻繁に同席しているのは、とても光栄なことである。今シーズンの主なハイライトは、スティーブ・ライヒ作品「旅人の祈り」の米国および西海岸での初演である。11月にカーネギーホールとカルパフォーマンスのゼラーバッハホールで公演し、さらにシーズン後半には東京オペラシティでも共同委嘱による初演が予定されています。2021年10月と11月には、コンセルトヘボウ、ロイヤル・フェスティバル・ホール、エルプフィルハーモニー、パリ・フィルハーモニーでこの作品の世界初演ツアーを行い、批評家から絶賛を浴びた。2014年にライヒがコリン・カリーに献呈したスティーヴ・ライヒの『(2台のピアノと2台のヴィブラフォンのための)カルテット』を初演。ロンドンのサウスバンク・センターでの初演以来、イギリス、ヨーロッパ、アジア、アメリカなど、この作品の公演を複数回行っている。今シーズンは、イアニス・クセナキスの生誕100年を記念し、10月にロンドンのサウスバンク・センターでJACKカルテットと共同プログラムとして彼の打楽器による代表作『プレイアデス』を演奏。コリン・カリー・グループは、ロンドンのサウスバンク・センターで定期的に公演を行い、上海MISAフェスティバル、エスプラネード・コンサートホール、シンガポール、パリ・シテ・ド・ラ・ミュージック、フォンダシオンルイ・ヴィトン、ケルンフィルとともに世界中の主要ホールやフェスティバルに出演。ロッテルダム・デ・ドーレン、ヘルシンキ音楽祭、マカオ音楽祭、サフロンホール、バービカン・センター、2019年エディンバラ国際音楽祭ではトーマス・ダウスガード指揮、BBCスコットランド交響楽団とグバイドゥーリナ・グロリアス・パーカッションを演奏しコンチェルトデビューを飾った。最近のレコーディングのハイライトは、2017年12月にパリのルイ・ヴィトン財団で行われたレジデンスから、スティーヴ・ライヒの作品をセレクトしたセカンド・アルバムをColin Currie Recordsからリリース。このディスクには、コリン・カリーとスティーヴ・ライヒが演奏した「Pulse」、「Proverb」、「Clapping Music」などの作品が収録されている。この録音は優れた評価を受け、2018年に大成功を収めたデビュー作『Drumming』、2019年にNonesuchからリリースされた『Quartet』に続き、GramophoneのBest New Classical Albumsに選出された。

▼コリン・カリー・グループ公式WEBサイト(英語)

https://www.intermusica.co.uk/imagine/colin-currie-group


Colin Currie コリン・カリー

世界中の作曲家や指揮者から

ソリストとして指名される打楽器奏者の頂点

Credit: Linda Nylund

コリン・カリーは、現代音楽の演奏において最高レベルを誇るソロ及び室内楽アーティストであり、「今日の打楽器演奏の頂点に立つ」(グラモフォン誌)と評されている。また、ニューヨーク・フィルハーモニック、ロイヤル・コンセルトヘボウ、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニックなど、世界の一流オーケストラと共演するほか、数多くの作曲家や指揮者からソリストとして指名されている。ダイナミックで冒険的なソリストであるカリーは、新しい音楽の委嘱と創作への取り組みが認められ、2015年にロイヤル・フィルハーモニー協会から器楽奏者賞を授与されている。カリーはこれまでに、スティーヴ・ライヒ、エリオット・カーター、エイノジュハニ・ラウタヴァーラ、カレビ・アホ、最近ではブルーノ・マントバーニ、ニコール・リゼとダニー・エルフマンの作品を初演。2017年、自身の多岐にわたるプロジェクトを録音するプラットフォームとして、LSO Liveと共同でColin Currie Recordsを立ち上げた。これまでに、「雷のように刺激的」(タイムズ紙)と賞賛されたスティーヴ・ライヒのドラミング、ホーカン・ハーデンベルガーとのデュオ盤、BBCフィルハーモニック、フアンホ・メナ、ジョン・ストルゴールズとのHKグルーバー・パーカッション協奏曲などコリン・カリー・グループ盤2枚をリリース。今後の予定としては、ブライス・デスナーのトロンパ・ミニチュアという1曲のリリースが予定されている。今シーズンは、2つの新しい協奏曲を世界初演する。ルーク・ベッドフォードの《Staggered Nocturne》(フィルハーモニア管/マイケル・フランシス共演)とギャヴィン・ヒギンズの家族向けの新作をロイヤル・フェスティバル・ホールで演奏する。その他のハイライトとしては、BBCプロムスでニコル・リゼの打楽器協奏曲『Blurr is the Colour of My True Love’s Eyes』をBBCスコットランド交響楽団とヨーロッパ初演、ブルーノ・マントヴァーニの『Allegro Barbaro』をトンクンストラー・オーケストラとともにオーストリアで初演する。フランクフルトではMDRライプツィヒとダニー・エルフマンの打楽器協奏曲をドイツ初演し、ベルギーとオランダを回る特別プロジェクト「ライヒ/リヒター」ではアスコ/シェーンベルク・アンサンブルを指揮する。また、スウェーデンとスペインでは、クロエ・ファン・ソーターステッド指揮によるジョーイ・ルーケンスの打楽器協奏曲を演奏し、キングス・プレイスではコリン・カリー・カルテットと音楽の空間的効果を探求する革新的な室内楽プログラムを開催している。また、ロンドンのサウスバンク・センターでアーティスト・イン・アソシエーションを務め、毎シーズン演奏活動を続けているほか、スコットランド室内楽団のアンバサダー、スコットランド王立音楽院のアーティスト・イン・レジデンスも務めている。

▼コリン・カリー 公式WEBサイト(英語)

https://www.intermusica.co.uk/artist/Colin-Currie

 

ABOUT REICH

現代音楽とミニマル・ミュージックの象徴

Steve Reich スティーヴ・ライヒ

Photographer Credit: Jeffrey Herman

ジュリアード音楽院、ミルズ・カレッジにて音楽を学ぶ。ダリウス・ミヨー、ルチアーノ・ベリオらに師事。それ以前にはコーネル大学にてルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの哲学を学んでいる。1965年テープ作品《イッツ・ゴナ・レイン》、1966年《カム・アウト》発表。1966年より自身のアンサンブルを結成し、世界各国で演奏活動を行う。1991年、自身のアンサンブル「スティーヴ・ライヒ・アンド・ミュージシャンズ」で初来日し、東京と大阪でコンサートを行う。1997年には、複雑なユダヤ教/キリスト教/イスラム教の関係をテーマに据えた『ザ・ケイヴ』を映像作家のベリル・コロットと制作し、東京でも来日公演を行う。音楽というジャンルを超え、広くアートに多大な刺激を与え続ける現代作曲家の一人である。

※今回の公演では、スティーヴ・ライヒの出演はありません。


チケット情報

全席指定 未就学児入場不可
前売
当日 一般5,500円、学生3,500円
発売日
窓口 インターネット 電話
フレンズ会員先行発売 2月4日(土)9:00 インターネット予約なし 2月5日(日)10:00
一般発売 2月11日(土)9:00 2月11日(土)10:00 2月12日(日)10:00
チケット取扱い
長久手市文化の家 インターネット予約はこちらから

電話で予約・購入

0561-61-2888 (受付時間:開館日の9:00~19:00)

 

関連企画 コリン・カリー氏公開マスタークラス

日時 2023年4月24日(月)※時間未定 会場 名古屋音楽大学

※詳細が決まりましたら、本ページにて情報を公開いたします。

 

コリン・カリー・グループ 来日ツアー 2023

今回の来日ツアーは、東京公演と長久手公演のみ!そして、全く異なるプログラムで開催です。ぜひ、東京公演もチェックしてみてくださいね!

≪東京公演≫

コリン・カリー・グループ ライヒ《18人の音楽家のための音楽》@東京オペラシティコンサートホール

2023年4月21日(金)・22日(土)

東京オペラシティ公演詳細