おしらせ公演内容出演紹介動画観劇レポートチラシ

小さな子どもたちに贈る セリフのない演劇


お知らせ

  • 公演情報を公開しました!(2024年5月15日更新)

公演内容

テアトロ・デ・オカシオンが南米チリからやってくる!

おとなもこどもも一緒に楽しめる、元気な女の子の冒険物語!

 あらすじ 

「ある朝、 わたしは冒険の旅に出た。」

そこには、 不思議な生き物たちとのたくさんの出会いが待っていた。 大きな鳥に乗って砂漠を横断したり、 シャボン玉に飛び込んだり、 ジャングルを探検したり… 旅の途中ではバケツやロープが魔法のように助けてくれる。 ギターやパーカッションなどの音色や歌が、 このお芝居のことば。 言葉を使わない表現なので、 小さなみんなも大丈夫。 きみも素敵なラテン音楽にのってアナと一緒に旅にでよう!

      

このお芝居にはセリフがありません。
好奇心旺盛な小さな子どもたちにこそ、ぜひ見てもらいたい作品です!

ジョイントフェスティバルとは…?

2013年にスタートして12年目を迎えました。地方自治体・公共ホール・文化芸術団体と市民が共同して、地域の子どもたちに優れた舞台芸医術を提供する広域連携プログラムです。連携プレーと文殊の知恵によって海外の児童劇の招聘や地域発のオリジナル作品を制作してきました。2024年の夏も素敵な企画で皆様をお待ちしています。


 公演情報 

開催日
開催時間14:00開演(13:30開場)

上演時間40分

会場森のホール
主催

長久手市、ジョイントフェスティバル協議会、愛知児童・青少年舞台芸術協会

後援

愛知県教育委員会、岐阜県教育委員会、三重県教育委員会

 チケット情報 

前売フレンズ1,500円、一般2,000円、小・中学生:1,000円、3歳~:500円 ※2歳以下の膝上鑑賞無料
一般一般2,000円、小・中学生:1,000円、3歳~:500円 ※2歳以下の膝上鑑賞無料

※前売り券が完売の場合、当日券の販売はありません。

 


出演

テアトロ・デ・オカシオン

2010年に南アメリカのチリで誕生した劇団。演劇音楽、大衆文化を結びづけ、子どもや若者向けの舞台作品の制作に取り組む。

2013年、2014年、2017年に幼児向けの舞台芸術フェスティバル「フェスティバル・デ・オカシオン」を主催。

チリ国内だけでなく、3大陸14カ国でツアーを行う。アルバム「Canciones de Ocasión」はPremios Pulsar2017にて子ども向け音楽アルバム部門の最優秀賞を受賞。日本ではこれまでに沖縄、鹿児島、福岡、山口、静岡の各地で開催。

2024年8月は愛知県、岐阜県、三重県の各地で公演予定。