おしらせ 企画内容 講師 申込 各種様式

 

お知らせ

  • 企画情報を公開しました!(2023年1月5日更新)
  • 申込期間を延長しました!(2023年1月21日更新)

企画内容

名演への招待シリーズ20 パトリツィア・コパチンスカヤ ヴァイオリン・リサイタル」公演の関連企画として、近年世界的に注目を浴びているフィンランドのピアニスト、ヨーナス・アホネンの公開マスタークラスを開催いたします。現代の最先端の音楽シーンにおいて第一線で活躍する気鋭のアーティストによる直接指導は稀有な機会となります。


開催日
開催時間 10:00~16:00(予定)
会場 長久手市文化の家 森のホール
主催 長久手市

受講対象

ピアノソロ、またはピアノを含む室内楽アンサンブル(最大6名)

※ピアノは1台のみ(スタインウェイ)使用可能。2台ピアノは不可。

近現代レパートリーでの受講を推奨します。

受講時間・受講料

ソロ(1人あたり) アンサンブル(1組あたり)
受講時間 90分程度 150分程度
受講料 10,000円 (トリオまで)15,000円

(カルテット以上)30,000円

 


講師

ヨーナス・アホネン(ピアノ)Joonas Ahonen Piano

フォルテピアノによる18世紀後期作品の演奏から、現代作品の世界初演まで幅広い音楽的関心を持ち、現代曲の代表的な演奏団体のひとつでもあるクラングフォルム・ウィーンや、ピリオド楽器を用いて古典派やロマン派の作品を演奏するロードベリ三重奏団のメンバーとして活躍。ソリストとしても、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、フィンランド放送響楽団、BBC交響楽団等と共演。近年では、バーゼル・シンフォニエッタとウンスク・チンのピアノ協奏曲を世界初演したほか、テオドール・クルレンツィスが主宰するディアギレフ・フェスティバルでは、リサイタルのほかに、フィリップ・マインツのピアノ協奏曲を演奏した。パトリツィア・コパチンスカヤとは、ロッケンハウス音楽祭やウィーン・コンツェルトハウス、ミラノ・スカラ座など、世界各地で演奏を行っている。BISレーベルより数多くの録音を行っており、BIT20とのリゲティのピアノ協奏曲や、アイヴズのピアノ・ソナタを収録した2枚組などが発売されているほか、最近ではアルバ・レコードから、メンデルゾーン兄弟による三重奏作品をピリオド楽器で演奏したCDをリリースしている。

ヨーナス・アホネン氏の主なレパートリー

ピアノソロ

アイヴス:ピアノ・ソナタ第1番

ガンダー:「ピーター・パーカー」

アイヴス:3ページのソナタ

アンサンブル

シェーンベルク:「月に憑かれたピアノ」(共演:パトリツィア・コパチンスカヤ Vn.ほか)

アンタイル:ヴァイオリン・ソナタ第1番


申込方法

申込書様式を作成のうえ、申込期間(2023年2月5日まで)に長久手市文化の家へ郵便またはメールにて提出してください。募集定員を超過した場合、厳正なる抽選のうえ、受講者を決定します。受講可否については2023年2月12日(日)までにメールにて通知します。

申込先

① 郵便の場合

〒480-1166 愛知県長久手市野田農201番地 長久手市文化の家 事業係

ヨーナス・アホネン公開マスタークラス担当 宛て

② メールの場合

bunka◎nagakute.aichi.jp ※◎を@に変換して送信してください。

メール件名に「ヨーナス・アホネン マスタークラス受講希望」と記載してください。

公開マスタークラス聴講について

公開マスタークラスの様子を聴講していただけます。マスタークラスには通訳が付きますので、安心して聴講できます。

聴講料:1,000円 ※事前申込不要、直接会場へお越しください。

 

各種様式

① 申込書

Word形式、PDF形式のどちらをご利用いただいても構いません。

② 企画概要

企画概要(PDF形式)

③ 講師プロフィール

講師プロフィール(PDF形式)

 

本公演情報

名演への招待シリーズ20 パトリツィア・コパチンスカヤ ヴァイオリン・リサイタル with ヨーナス・アホネン

2023年3月14日(火)19:00 @長久手市文化の家 森のホール

出演 パトリツィア・コパチンスカヤ(Violin)、ヨーナス・アホネン(Piano)

公演詳細情報はこちら