総合劇集団 俳優館『わたしの昆虫記』

~幼い虫たちと赤とんぼのおはなし~

おしらせ 公演内容 出演・スタッフ チケット購入 チラシ 関連企画

 


お知らせ

  • 公演情報を公開しました!(2022年8月1日更新)
  • 関連企画「脚本朗読ワークショップ」参加者募集情報公開しました!(2022年8月21日更新)
  • 朝日新聞に掲載されました!(2022年9月30日更新)

メディア情報

9月25日に朝日新聞へ「わたしの昆虫記」が掲載されました!
記事はこちらから!
観劇のご参考にしてください。

公演内容

1945年、夏…
昆虫を愛し、ファーブルになりたかった青年と、
女学生たちのひと夏の眩しい体験。
小さきもの達への生きるまなざし。


あらすじに代えて……登場人物の女学生、平河綾(17歳)が作っている物語「わたしの昆虫記」より抜粋。
むかしむかしのことでした。すべての虫たちがアリの軍とハチの軍に分かれて戦争をしていたころのお話です。わたしたち人間ならば
目にも留めないような草むらの中で、「泣き虫」「弱虫」「いじけ虫」「かんしゃく虫」という四匹の虫の幼虫たちが暮らしていました。四匹は、自分たちはどうして生まれたのか、どうしてアリとハチが戦争をしているのか、どんな成虫になるのかいっこうに知らずに、歌ったり踊ったりして楽しく暮していました。
そんなある日のことです。平和な草むらに、戦争の中で羽根をやられて、もう飛べなくなった赤とんぼの若者がくるくる回って落ちてきました。驚いている幼い虫たちに赤とんぼの若者が言いました。「お願いだ、僕を助けてくれないか?」
「泣き虫」「弱虫」「いじけ虫」「かんしゃく虫」は相談して、力を合わせてその若者を助けてあげる事にしました。

 


開催日
開催時間 14:00開演(13:30開場)
会場 森のホール
主催 長久手市
協力 長久手おやこ劇場
助成 瀬戸信用金庫地域振興協力基金


チラシデータ(おもて)

チラシデータ(うら)

 


出演・スタッフ

【出演】

丸井 文子:みやち ともこ
落合 かなえ:谷口 真規
平河 綾:鈴来 かえり
白木 真理子:水原 あきほ
久保将史陸軍少尉:丹羽 智則
中原洋一陸軍少尉:山内 庸平

【スタッフ】

作・演出:右来左往
照明:福井孝子
音響:ノノヤママナコ(マナコ・プロジェクト)
舞台美術:ワタナベカズミ
舞台監督:稲吉直人
制作:『わたしの昆虫記』上演実行委員会

チケット情報

全席自由
前売・当日 フレンズ会員・一般 2,000円  高校生以下 1,000円

※前売で完売の場合は、当日券の販売はありません
※4歳から入場可

発売日
窓口 インターネット 電話
フレンズ会員先行発売 8月6日(土)9:00 インターネット予約なし 8月7日(日)10:00
一般発売 8月13日(土)9:00 8月13日(土)10:00 8月14日(日)10:00
チケット取扱い
長久手市文化の家 インターネット予約はこちらから

電話で予約・購入

0561-61-2888 (受付時間:開館日の9:00~19:00)


関連企画

「わたしの昆虫記」関連企画 脚本朗読ワークショップ

関連企画チラシデータ

俳優館公演「わたしの昆虫記」の世界をのぞいてみませんか?

「わたしの昆虫記」作・演出の右来左往氏を講師に迎え、台本を読んでいきます。
作品に触れることで作品自体の魅力はもちろん、登場人物の心情をご自身の心で感じていただけます。
ぜひともお気軽にご参加ください。

関連企画開催日
開催時間 10:00~13:00(9:30開場)
会場 講義室2
主催 長久手市
対象 中学生以上(先着20名)
参加費 500円(当日払い)

関連企画詳細はこちら